頭の活性化、快適性を好き勝手に追求します
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.11.04 Wednesday -

季節の先取り

 周期的に花に興味が湧くのですが、つらつら考えるに、やはり季節を感じたいとの欲求が自分の中に存在するのでしょう。
まあ、自然の感情かもしれませんが、自分の何処にそんな余裕があるのか、と不思議な気持ちにもなります。意識としては、常に何かに追いかけられているような気分なんですけどねえ。
 それはともかく、花の色は当然のことながら自然です。どんなに品種改良して奇抜なものを作り出しても、その色調が心を乱すことは無いと思っています。
些か飛躍しますが、日本の気候で、しかも日本の土と水から出来る花には、日本人の心を和ませる要素を必ず含む、何故なら、人間も花も共通する何かを持つから・・・。
                                  でも、何か、って、何だろうね? 

2009.03.15 Sunday comments(0)

なごり雪

 最近は、急に暖かくなったり、寒くなったり、極端ですねえ。
我が家の日の差さない裏庭には、どんなに暖かくなっても根強く雪が残っておりまして、ゴールデンウイーク近くまで溶けないでいます。
カッと照りつける日差しの中で残った雪を見ていると、こういうのも「なごり雪」だわな、と思うんですが、風情も何もないですね。興味は、その下から出てくる「ふきのとう」で、てんぷらにして食べるのを楽しみにしてます。関係ないけど、ふきのとうの「南風の頃」という曲は良い曲です。

2009.03.24 Tuesday comments(0)

入梅の日はカンカン照り

 梅雨の季節は憂鬱な気分? かと言うと、そうでもない。

何となく集中できて自分には良い季節、それと何より未だ暑くないのが良い。

考えてみると、年間を通して一番好きな季節かもしれない。これを寂しいと感じる人もいるでしょうね。他にも良い時期はいくらでもあるのに、何を好き好んでジメジメした梅雨なんだ、って感じで。

もしかしたら、好きな季節と言うのはその人の体質と物凄く関係あるんじゃないでしょうか?
この時期には自分は体調が良いという季節が必ずありそう・・・。

自分の場合、盛夏、真冬、というのも結構好きです。春、秋、なんていう一般に好まれる季節は好きではない、と言うよりキライです。これは過去の経験が大いに関係しているはずなのだが、具体的に何があったか、なんてのは思い出せない。何しろトータルでロクな事が無かったんだろうなあ。



2009.06.12 Friday comments(0)

雨の歌

 昔、ラジオで水に関連した歌を特集したのがあった。

NHKのFMだったな、毎年、この時期に「オール水もの特集」とかいう名前でやってました。洋楽ばっかりだけどね。

定番だったのは雨に関するもの。雨の日と月曜日は、雨、雨のフィーリング、悲しき雨音、とか必ずかかってた。

やっぱり雨は雰囲気があります。歌にするにはうってつけなんでしょう。

雨の日はあまり外に出ないから、内にこもるキッカケを作ってくれるのかもしれない。
ま、あくまで心の中の問題です。雨だから出かけなくて済むのなら、こんな楽なことはない。

今年の夏は猛暑かもしれないので、自分としては梅雨の時期が長引けばありがたいね。
大体、梅雨は一ヶ月が目処らしいけど、八月に入っても降り続けて結局梅雨明け宣言が出なかった年もありました。そうならないかな。


2009.06.13 Saturday comments(0)

<< 2/2
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.