頭の活性化、快適性を好き勝手に追求します
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.11.04 Wednesday -

旅行シーズン

 

理想と現実に「美」を組み合わせてみました。


まずは、「理想の美」、イイですね。追求したい。

でも、これには色々あって、

「理想の中だけに存在する美」というのと、「現実の中にある理想の美」、

というのが考えられます。


次に「現実の美」。これは現実の中から発見していくものだけど、

思い描いた理想とは全く違って、「意表を突かれた美」というのが、この中には含まれます。こんなのを発見した時は、自分の価値観が根底から覆されたりする。

そういう経験を好む人と、好まない人が居るかもしれない。あくまで自分の世界観どおりに世の中が納まっていて欲しい、という感じかな? 


これは「変化」ということに関しても同様。

アメリカでもCHANGEだし、日本でもCHANGEみたいだけど、止むに止まれず、って印象が強い。「どげんかせんとイカン、とりあえず変えてみっかな」てなわけで変わっただけかも。


政治は良く判らんが、「旅」ってのはどうなんでしょうか。

旅行好きの人は、意表を突かれるような景色とか経験を求めて出かけているいるように見える。

だが、その実、雑誌で見た景色とか食べ物とか、予想の範囲内で楽しもうとしているだけのような気もする。それ以上のサプライズは期待してないみたいだし。


民主党政権も、まあ、言ってみれば旅に出てるようなもんなのかね。


でも、そうすっと、旅が終わって帰る家は自民党? やだな、家出したくなるな。また、旅支度をせにゃあいけん、今度は、何処に行くべ、思い切って共産党政権ってか。全国民がマルクスを読め、とかいうことにならんかな。


今の世の中の空気って、どんな変化でも起こりそうな気がしてくる、というより、どこへでも転がっていきそうな雰囲気を感じる・・・・・。私だけ?


非常に勤勉で誠実な日本人だから、何事も柔軟に受け入れて相手に合わすことを考える民族だから、どんなことになろうとやってはいけるし、事態を受け流していくんでしょうか。
その結果、どういう世の中になるのでしょうか。


2009.09.25 Friday comments(0)

スポンサーサイト

2009.11.04 Wednesday -

comment...



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.