頭の活性化、快適性を好き勝手に追求します
last entry category archives profile amazon

しゃべる!DSお料理ナビ まるごと帝国ホテル ~最高峰の料理長が教える家庭料理~

amazon

健康応援レシピ1000 DS献立全集

amazon

Dr.佐藤富雄の特別セミナー 来年もっと若々しく輝くための「心と体のアンチエイジング」~Younger Next Year


comment link 学習習慣をつける 奇跡のユダヤ学習法 ホームスタディ講座 admin
material by 空色地図
template by xxx
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.11.04 Wednesday -

秘密の部分

誰でも、悩みの一つや二つは持っているはず。
それを吐き出すと、楽になれる? それは、そうでしょう。
でもね、そんな当たり前のことを、私、考え直してみました。
それを言わないでしまっておく事のメリットは無いのか? 変なこと考えるな、と思われるのは承知の上なんですけど。
心の中でこだわっていることを表に出さないと、ストレスが溜まります。その状態は、全部が全部、良くないのでしょうか?
「良くないにきまってる!」 普通はそうでしょうけどね。
ただ、一種の緊張状態を維持できるのではないか? そんな風に考えたんですけど、やっぱり変かな? 何かをやり遂げる場合は、心に一物あって、それが原動力になっている状態じゃないんでしょうか。あくまで自分の場合ですが、自分の秘密を口に出すと、自分自身が「弛緩」するようなところがあるんですよね。誰か賛同してくれる人居ないかなあ。

2007.07.14 Saturday comments(0)

情報の価値

抽象的な話でスミマセン(いつもだけどね)。
情報の価値は、上がったんでしょうか? 下がったんでしょうか?
思い浮かぶままに分けると、
ニュース、知的情報、生活情報、など一つ一つについて。
「何のこっちゃ?」
と頭をかしげる方に、
「入手しやすくなれば、情報の価値は下がる」
こんな前提のもとに、考えています。あ、そもそも、この前提は正しいか?も含めて。
何でそんなこと考えるかと言いますと、情報の真偽が確かめ難いでしょ、今。
どうやって情報の価値を決めればイイか、基準は何なんでしょう? そんなことを、このくそ暑いのに考えてるんですね。閑人だから。

2007.07.27 Friday comments(0)

刺激が欲しい

閾値(いきち)という言葉がありますね。最近の人の閾値は、分野によって上がっていたり下がっていたりするんでしょう。

社会全体がストレスを溜めやすい仕組みになっているようですが、個人の側から見た場合、この閾値がストレス形成に関係するような気がします。

まず、生活の閾値が上がっているのは間違いないでしょう。「格差社会」という言葉がクローズアップされるのも、これが原因かもしれません。

反対に下がっているものを挙げればいくらでも出てきます、多すぎて分野が特定できないくらい。社会保険庁、イジメ、裏金、それら全てが閾値の低下が原因と言えそうです。

そういう社会問題はともかく、自分の生活を考えた時に、昔と比べて閾値が下がっている部分を発見して落ち込むときがあるんですね。特に『理想』なんてものはその代表でしょうか。自分が理想とする状態は、確実に下落してます。
つまらないことで満足してるし・・・。
『感動』の閾値も下がってます。壮大な人間ドラマなんてのは、「自分とは関係ないじゃん」と思ってしまうんですね。時としてウットオしい場合すらあります。身近な話題でないとついていけない。何でなんでしょう。 経験値の増加? 単なる老化現象?いずれにしても、こういう精神状態は、ストレスを溜め込みやすいような気がします。妙に細かいことばかり気になって。・・・そうそう、閾値という言葉をこんな風に使ってもイイのかな、というのも気になります。

2007.07.29 Sunday comments(0)

テレビドラマ

面白いな、というテレビ番組がなくなった。気温なんかと関係有るんだろうか? 暑いから何見ても面白くない、そんなことナイでしょうねえ。
今まで面白かったのは、「セカチューのテレビ版」 「優しい時間」 「ハゲタカ」 あとはNHKの「ホワイトハウス」の復活を待ち望んでますが、完全に放送終了したのかな。だったら、もう、受信料払いたくない。
放送開始から「ER」は面白がってみてたけど、この頃は興味が失せてきた。出来が悪くなったのかどうかは評価できない。
一番の特徴は、刑事ドラマ、サスペンス、の類が面白くなくなったことだな。何か食傷気味、良い原作がないんじゃなかろうか。それとも、現実に起きる事件のほうが、刺激的になってしまったから? でもニュース報道ってのも、ひたすらインパクトを与えようと躍起になってる気がする。
まあ、料理番組は、全体的に面白くなったかもしれない。

2007.07.29 Sunday comments(0)

テレビ局

テレビの視聴率競争なんかそうだけど、現在の特徴、それは「人が人を操ろうとしている」 ということ。そんな気がしてならないのです。
選挙が近いと特にそう思う。政治とは人民を操ることなんだろうけどね。
他に目を向けても同じ。企業は消費者を操ろうとするし、メディアは視聴者を操ろうとする、教師は生徒を、そして最近の子は逆に教師を操ろうとする。ここんとこは非常に怖いですね。子供の時から人を思い通りに動かす快感を味わおうとしてるなんて・・・。何故、そうなって来たんだろうか? それとも、被害妄想か。

2007.07.29 Sunday comments(0)

プラス、マイナス

今が情報化社会だというのは、誰でも感じている。量が多すぎるというマイナスイメージ、自分の見識が飛躍的に広がるというプラスイメージに二分できるかな。
世の中の情報を意識的にコントロールすることは出来るんでしょうか? 嫌でも入ってくるのが情報、と言える状況があるわけで、一つ一つを精査することも評価することも実際には出来ていない気がします。
個人に能力差があることも事実だけど、社会全体で情報が流通するルートが確立されているのだから、影響は当然のように個人にも及ぶはず。
考えたのは、情報に関して受動的立場にあった人々が、発信側に回った時。一定の混乱が避けられないのは当然ですよね。現在が無秩序なのかどうかは見方にもよるけど、評価規範が成立していないのは確かだと思う。当分の間、こういう状態が続くだろうという予測siteiru.

2007.07.29 Sunday comments(0)

1/2 >>
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.